スクストエピソード3考察記事(更新終了)

スクストエピ3のネタバレ記事です。
大丈夫な人だけスクロールしてください!

(ちゃんとした文章ではありません。ただの覚書メモです。)

スクストエピ3のネタバレ記事です。大丈夫な人だけスクロールしてください!

もうラスト目前なので、ストーリーに関して考えることはなくなりました。

別の角度からの考察とかやってみたいですね。

お付き合いありがとうございました


第14話までの考察(2018/03/29更新)
・14話についての項目追加

※あくまで一個人の考察です。あまり気にしないでね。

シナリオ内で完全に断言されたことはこの表記にしています。
シナリオ内で示唆されたものはこの表記にしています。

ただ、断言されたものでも、今後ひっくり返されることは多いので、恐いね!
他は考察や示唆された内容の噛み砕きっぽいもんです。

また、11話から公開している記事なので、最新話以前の考察はそのまま残っている状態です。
順番がぐっちゃぐちゃになってますができるだけ整形するんでご了承ください。


14話について

[2018/03/29追加項目]

多分ですけど…

最初の「36人から1人を選ぶ」というのは、完全にミスリードを誘っていますね。まるで神装チャンネルで自分の嫁1人しか生き残れないみたいな。

神装チャンネルは雪枝ちゃんが勝利するルートしかなく、そもそも36通りの分岐などしないんでしょう。見事に最初の選択肢に引きずられた形になったわけです。

このえちゃんが難しいこと言ったあとに「特定の場所に転生できるか試してみよう」みたいなこと言って…登場しましたね?

ボクはティエラ推しだったので「あー時空管理局?」とか思ってたんですけど、後ろでアコ推しが「あ!!!アコっちだ!!」と言ってたので、ここで分岐っすね…。

ちなみにどちらもifの制服でしたね。雪枝推しの隊長さんは雪枝ちゃんが二人になったそうです。

下に色々描いてある、13話の差し替えとか、36通りチャンネルが分かれるとか…

そんなの全部なし!ない!!多分もうないの!!

36人から1人選ぶのは、あそこでちゃんと転生できるテストの対象が誰になるか、という話だと思います。

ifの制服着てたから、もうちょいなんやかんやあると思うけど…

もう終わり!考察なんか二度としない!弄ばれた!!

…またこういうどんでん返し待ってます。また弄んでくれ…。

じゃああと2話ですね。ゆっくり楽しみましょうか…。

(これでまた「実はあそこの可能性はまだあって…」って13話差し替え来てくれないかな…)

13話について

[2018/03/21追加項目]

めちゃくちゃ感動する話でここで考察するとか野暮だよな…と思いつつもひっかかる点も多かったので。

・順番に考えると、13話はあくまで雪枝ちゃんと二穂ちゃんが最後の2人になっている平行世界。14話で決着、15話で解説、16話が隊長ごとに変わる—–とざっくりした予想になってきますが…

・現在の13話のみだと隊長によっては「選んだ最初の一人がやられたところが全くでてこない」「そもそも神装メモカを装備していない」という状態になる。
→上記を踏まえて、13話は恐らく差し替えor別の展開が見れるようになるのでは?

そもそも13話はメインストーリーとして不完全な状態と言える。

この辺とか(紗々ちゃんのシルエット制服だよね?)

この辺とか(ここのスクショとってる時も泣いてたよ)

この辺とか…

これまで「もるがなの誕生日イベント(質問は1回しかできない)」「エピ3で救う子を選べるのは1回だけ」という完全なプレイバックができない状態はいくつかあった。

また、本編でもエピソード1で装備を変えると本当のEDが見られるという仕掛けもあった。

・雪枝ちゃんと二穂ちゃんのやり取りまでも差し替えするとは思えない(雪枝ちゃんと二穂ちゃんが一番でなくても、あそこのやり取りを二度と見れないという状態にはして欲しくないという願望)

神装メモカはあと2人、あと残り3話なので、15話更新時に神装メモカが全員分揃うと思う。

エピ1のように選んだ最初の一人に神装メモカを装備させると13話は変わるという指示が16話でくるのでは?

後で「不完全だから衣装だけ差し替えましたよ」って言われましても…という感覚なので、13話をもう一度見てみましょう、あなたにしか観測できない変化がありますから、という指示がくると面白いじゃないの。

→ただ、それだと神装メモカを持っていない人はなかなか見れないので、神装メモカを装備する必要はないかもしれない。

どちらにせよ、13話は後で完全な状態になると思うし、それをプレイバックするような指示は16話でくると思う。

・14話で決着、15話で解説、16話が隊長ごとに変わるという順番だと「13話はあくまで雪枝ちゃんと二穂ちゃんが最後の2人になったチャンネルで16話は隊長ごとに違います!」とか言われても…という個人的な感想。

→となると雪枝ちゃんを救う子に選んだ人はラッキーなことになってしまうのでは?

ずっとここで書いている前提だが、「36人のプレイアブルキャラのうち誰か一人を特別扱いすることはありえない」と思う。

→あくまで雪枝ちゃんは神装世界ストーリーの主人公的役割?

次の更新でわかってしまうことだけど、13話で二穂ちゃんVS雪枝ちゃんの決着は着いていない。

14話で急にifチャンネルの話になって、二穂VS雪枝ちゃんの決着の結果はそれぞれ二穂ちゃん、雪枝ちゃんを選んだ隊長によって13話に追加される項目なのでは?若干展開も変わっていたりするといいですね。

13話が完全な状態になり、13話が隊長ごとに変わるとしたら、雪枝ちゃんと二穂ちゃんが他の子たちを倒した描写や、13話で倒されてしまった子の描写も別の展開が見られるようになる?

[13話までの段階]

転生と現今世界(カレントチャンネル)のズレについて

[2018/03/21追加項目]


エピソード3-第1話より

エピソード3-第2話より

「転生」は「現今世界(カレントチャンネル)」を書き換える技術だが、どの世界に書き換わるかはわからない、不安定な技術。

また、「現今世界(カレントチャンネル)」が違う子たちが何人かいる。

→神装世界から転生をする(13話でモルガナ・エンドが一応保証すると言っている)先の「現今世界(カレントチャンネル)」は選べない。

今エテルノに来ている子たちは神装世界から転生した直後の現今世界から連れて来た子なのでは?(椿芽ちゃんを除く)

→なぜわざわざ神装世界転生直後の子たちを選ぶのか?

パトリが作られたのは神装世界が最初であり、パトリの適正があるのは神装世界から来た子だけなのでは?

他のチャンネルの子も適正はありそうに見えるけど、神装世界転生直後だととりわけ高いのかもしれない。

エピ1でエテルノの子達の母親の間でフィフス粒子を使ったお守りが流行ったので適正があったというくだりもあるので、神装世界転生直後だと、とりわけフィフス粒子と馴染みやすい、相性がいいとも言える。エテルノ以外の生徒の母親もお守り持っていただろうし。(一部は除く)

パトリ適性条件が、フィフス粒子お守り+神装チャンネルからの転生?

→パトリを使ってるとエテルノの子たちはアグローナ化するのでは?

パトリはエテルノのみで使用できる。意識と肉体が分離している状態。肉体は仮初めのもの。

パトリが侵食するのは、あくまで肉体のみであり、意識だけなら侵食されないのかもしれない?(意識だけのほうが危なそうだけど…)

あるいは、エテルノで使用しているパトリは神装世界で作られたものを、時空管理局側が改良したもの?


二穂ちゃんの病気

[2018/03/21追加項目]
親愛編3を早々に開放してた隊長さんは驚きと悲しみに包まれる設定。

ボクも一番星の子はできるだけメンバーに入れるということをしているので、早い段階で知っていました。

もし救いがあるとしたら、親愛編3の病気のくだりは二穂ちゃんが直接言っているのではなく、「検査報告書」という形で登場している。

あの「検査報告書」はエテルノに来ている二穂ちゃんのものではなく、神装世界の二穂ちゃんのものである、というミスリード(だったらいいなぁ…。)

(ただボクは、その先の親愛編を開放してないので、その先でエテルノの二穂ちゃんのものですよって断言されていたらすみません。)

→開放した方に聞いたら断言されていたそうです。そんなぁ


雨森このえちゃんという存在(ifチャンネル)

隊長が関与できなかったifチャンネルでの隊長の代わり?
プレイアブルキャラとしてでてくるか→マルチメモカにでてくるとか、モシュネ的立ち位置ならありえる。(セレーネさんも出してくれよ!!)

[11話までの段階]


ifチャンネルでは研究者、雨森果の娘[12話]

→雨森果はおそらく今回のラスボスモルガナ(?)

導入部分での案内キャラ的立ち位置は、多分果たしたと思う。
ただ、今後も研究者目線でif世界や神装世界では何が起きてるか、の解説役になると思う。
神装世界は今後このえちゃんが関与できるかは不明だが、果が転移してると仮定すれば研究内容をもっと読み解くシーンもあると思われる。

ifチャンネルでメモカに適正がなかったのは月の出身だったからではないかと12話で示唆されている

[12話]

パトリを渡してるフードは誰か(神装チャンネル)

・このえちゃん(ifで消滅?した後、モルガナ的に他のチャンネルに関与できるようになった?)
・モルガナ(だいたい悪役はこいつにしておけばOK感)
・時空管理関係者=プレイアブルキャラ(関与できるわけではないので、可能性は低い)
・ティエラ先生(ただ先生にストライカーズ同士を争わせるようなことして欲しくないよね、プレイアブルキャラ全員そうだけど)
・モシュネ(他のエテルノのモシュネとかね)
・研究所の人間(一番平和)
・セレーネ(エピ2のキャラなのでないけど、ボクの希望)

[11話までの段階]


モルガナ(エンド)[12話]

このモルガナは「雨森果」(?)

雨森果と仮定するとifチャンネルで兵器としてのメモカ利用の研究後、兵器利用のために転移している。

35人しか適正がない(神装チャンネル)

除外された一人は誰か
・ティエラ先生(パトリ・メモカで変身してるわけではない?・一番妥当な結論)
・もるがな(上記に同じ)→ただ、小織ちゃんと同じ立ち位置にいるっぽいので可能性が低め
・未実装のプレイアブルキャラ→一番あってはいけない。可能性ほぼ0
・フードの子自身(ストライカーの誰か、自分のエクレアはちゃんとある、自分自身は省くのでつじつまは合う)→ただ上記のように誰かが悪役っぽくなるのはイヤだよね。

[11話までの段階]


最後の一人が「36人目」[12話あたり]

【2/27:まっぴーさんのコメント】
冒頭でエンドが言った「パトリを使用することには命を失うリスクがある」というのは=最後に生き残る一人を除いて有害物質として倒される事を意味しています
となればエンドの想定では倒されるべき有害物質は34人分
エンドの言う最後の一人は35人のを背負う=倒された34人+自身を含めた35人の毒を背負うという計算です
しかしティエラだけはエンドからパトリを手渡されていないのでエンドの[女神の偽装]計画の外の存在になるわけです

何が言いたいか自分でもわからなくなってきましたが、おそらくエンドの言う最後の一人と36人目は違う人物で、36人目は本物の女神であるティエラではないかと考えています


「パトリの適正」及び「歪みによって誕生した有害物質」そのものはストライカーズ36人。

そのうち「有害物質として排除される適正(可能性)」があるのは35人(偽装した女神)、自分以外のストライカーを倒し(有害物質として排除)、残った一人(本物の女神)が35人分の毒を背負って生きる。(パトリ強化のためか?)

排除される可能性(偽装した女神)も生き残る可能性(本物の女神)も36人全員に可能性がある。

→キャラのエクレア実装時に垣間見る「夢」の中で敗北している子もいるが、あくまで神装チャンネルから派生した無数にあるチャンネルの一つにすぎないのでは?

ティエラ先生に関しては記憶を失っているので、モルガナからパトリを受け取った可能性もあるし、受け取ってない可能性もある。(「最後の1人になるまで争う」説に基づくと受け取った可能性が高い)

また、プレイアブルキャラのうち、もるがな、ティエラ先生は異質な存在ではあるものの、プレイアブルキャラのうち一人だけを特別扱いする、というのは違和感がある(あくまで個人の感覚です)[12話]


神装チャンネルそのもの

パトリがあるのでエテルノとチャンネルは近いはず
マリちゃんは元々他のチャンネルと繋がりやすいので、置いておいて、雪枝ちゃんが夢に見るのはやはり近いということなのかも

普通に考えると、パトリがあるチャンネルから持ってきた。(でもそのチャンネルもエテルノと近いよね)

[11話までの段階]

→ifチャンネルで雨森果が開発したもの(?)[12話]


if世界の雨森果が兵器としてのパトリ強化の実験地にしたチャンネルという示唆[12話]

なぜ仲の良い二人が対立し合っているのか(神装チャンネル)

恐らく最後の一人にならならないと、星が救えない。

最後の一人は星を救うために星と一体化するのでは?
一番強い(?)神装メモカの力が必要なのでは?
エテルノ(永遠)というルビもあったので、救った星がエテルノになるとかそういうの展開もありえる、知らんけど。

そうなるとフードはこのえちゃんが最有力か→ifチャンネルでこのえちゃんが発見した唯一の方法。

[11話までの段階]


最後の一人が「36人目」[12話あたり]

最後の一人が35人分の「毒」を背負い唯一(偽装していない)の女神になる(?)[12話]

回想のありなし(神装チャンネル)

エクレア実装時、神装チャンネルでの出来事っぽいストーリーがあるキャラとないキャラがいる。
基本的にはガチャ産(あり)か協力戦報酬(なし)で分かれてる模様。

[11話までの段階]


夢見る子と見ない子の差は、新装世界で生き残ったか否かだと思ってます。
(二穂、ロッティは夢を見てませんが、それぞれ雪枝、ほたるに敗北してますので)
【2/14:白塚さんのコメント】


表は後日作るかもしれない。

エピソード3そのものについて

最初に一人ストライカーを選ぶのはなぜか?

最後に誰か一人だけ生き残るチャンネルに辿り付けるのでは?という発想から、神装チャンネルでは「誰か一人になるまで争わなくてはいけないのではないか?」という発想をしていたけれど、その必要がないとしたら、ここまでの自分の考察がほぼ全部なくなるw

最初にストライカーを選ぶのは、もっと別の理由?

なんらかの理由で滅びつつある神装チャンネルから一人だけ助け出せる?→敗北する運命の子も?

[11話までの段階]


最後の一人が35人分の「毒」を背負い唯一の女神になる(?)[12話]


最後の一人になるチャンネルが36通りある。

各隊長は最初に選んだストライカーのチャンネルに辿りつく(?)[11話までの段階]


もるがな艦長について(ifチャンネル)

[2018/02/27追加項目]

12話で「モルガナ艦長の姿が幼い少女に見える」とこずえちゃんが言っていた。

こずえちゃんからは「もるがな(幼)」に見えるが、ifチャンネルの人間からは「モルガナ(大人)」に見えている。


URメモカでもるがなちゃんが大人モルガナになるので、気にしなくても良さそうだが、叙述トリックの側面から見るとなんとなく重要そうなので、項目追加。


時空管理局について

[2018/02/28追加項目]

局長:桃川紗々
管理官:ティエラ(とセレーネ)
副局長:澄原 サトカっぽい示唆

プレイアブルキャラ36人全員平等に扱うのでは?と仮定すると、時空管理局にも36人全員がなんらかの形で時空管理局にいるのかもしれないね…?
ifチャンネルあたりで全てが終わったあとに結成とかしたのかもしれない。


10話までは最新話開放している隊長さんに個人的に考察をガンガン話していたけど、「これ結構ウザいのでは?どっかに書いておいて、考察見たい人に向けて記事残せばいいじゃない」という動機から始めた考察記事でしたが、いよいよ残り3話ですね。はやーい。

if世界と神装世界の関連は回収されるんですかね…。

メインストーリーは今後も追加されるそうなので、現時点ではエクレアがガチャ産と協力戦報酬に分かれているけど、36人分ガチャ産と協力戦報酬それぞれ出てくるんでしょうね…?

if世界を掘り下げるならマリちゃんが主人公とかあるのかなぁ?

「36人全員平等に扱う」ということを考えると、「各チームも平等に扱う」ということにもなるので、エピ1がトルテ、エピ2がミラとアマンド、エピ3がビスシリ…と来て、ココベガ、プティングが主人公のメインストーリーも今後あるかもしれない。

アザーズは…あれで1チームじゃないからなぁ…。


※誤字脱字、間違いとかありましたらコメント欄置いておきますので、どうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 白塚 より:

    夢見る子と見ない子の差は、新装世界で生き残ったか否かだと思ってます。(二穂、ロッティは夢を見てませんが、それぞれ雪枝、ほたるに敗北してますので)

    • ルフレ王 より:

      なるほど。
      仲の良い子同士が戦う必然として、最後の1人にならなければいけないのかと思ってましたが、確かにその法則も考えられますね。まだ戦う理由もわかってませんし。
      アルタイルトルテは悠水ちゃんを除く4人が共闘してる場面もあったので、1人だけ生き残る必要はないのかもしれませんね。

      ボクが最後の一人になるって考えてるのは、エピ3の最初の選択肢を引きずってるのが強いですね。

  2. まっぴー より:

    最後の一人が「36人目」確定[
    この部分が読解力の無さもあってよくわかりません

    冒頭でエンドが言った「パトリを使用することには命を失うリスクがある」というのは=最後に生き残る一人を除いて有害物質として倒される事を意味しています
    となればエンドの想定では倒されるべき有害物質は34人分
    エンドの言う最後の一人は35人のを背負う=倒された34人+自身を含めた35人の毒を背負うという計算です
    しかしティエラだけはエンドからパトリを手渡されていないのでエンドの[女神の偽装]計画の外の存在になるわけです

    何が言いたいか自分でもわからなくなってきましたが、おそらくエンドの言う最後の一人と36人目は違う人物で、36人目は本物の女神であるティエラではないかと考えています

    • ルフレ王 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      思い込みで勝手に確定させてしまいました;
      確定は削除しておきました。

      確かにパトリを渡す際に「適正は35人」と言っていましたね。
      ただ、「有害物質としての適正が35人」ということかなーっと思ってました。
      35人(有害物質)+1人=36人かなと…。
      ちょっとボクも何言ってるのかわかんなくなってきましたw

      12話のエンドの最後の台詞が「最後の一人はその身に35人分の歪みをすべて背負うことになりましょう」の35人が「倒された34人+自身=35人の毒」という解釈にもなりますね。
      ちょっとここは考えなおします;
      ついでにまっぴーさんから頂いたご指摘も追記しておきますね。